愛媛の最新釣り情報ならチョーさんの釣れる!サイト

松山沖の遊漁船は船上ランチが人気です!石義丸編

①ウマヅラハギの皮をむきます

口を切り取り、指で皮を引っ張るようにしてむきます。

IMG_8269

 

②3枚におろします

IMG_8274

 

③うす皮をはぎます

身に付いている薄皮をはぎます。包丁の刃を軽く当てて、皮を引っ張ります。この薄い

皮をきちんと取らないと、刺身で食べる時は口に残っていやな感じがします。

ハギを煮付ける時は取らなくてもいいのですが・・・・。

IMG_8275

 

④キモは丁寧にとります

3枚におろす時に、肝(キモ)を取り出します。キモはハギのもっとも美味しいところです。

崩れないように丁寧に取り出します。特に要注意なのは、写真右の「苦袋」と呼ぶ

「胆のう」です。これをつぶすと、身肉にも苦味がうつって、食べられなくなります。

生のキモが苦手な人なら、熱湯でサッと湯通し、してください。

IMG_8272

IMG_8281

 

⑤盛り付けます

この日の石義丸さんの刺身は、ウマヅラハギ(サザエのすぐ右)だけでなく、

マダイのあぶり、モイカ、タコ、サザエなど、とても豪華でした。

IMG_8298

遊漁船/石義丸
お問い合わせ:090(8972)4790