愛媛の最新釣り情報ならチョーさんの釣れる!サイト

宇和島市日振島能登港でカワハギやホゴ大型エソ!

IMG_0497 - コピー

1月30日、「ダイワ投げ釣り天国」チームは宇和島市能登港で冬の人気魚“海の忍者”カワハギを狙いました。水温は16度を切るハードな条件。おまけに西風が強くて、波止は時々波しぶきをかぶるほどでした。

投げレンジャー1号・渡部さんと、投げレンジャー3号の川原さんは朝イチ、キビナゴとイワシエサでエソを狙います。

一投目からドラグ゛が滑って、道糸が激しく引っ張り出されました。十分に飲み込ませて、ガッチリ合わせます。大きく竿が曲がって、エソのパワーが伝わってきます。エソはグングン泳いで抵抗します。ガチンコ勝負。ここが大型エソ釣りの面白いところです。

IMG_0425 IMG_0449

IMG_0488

大型エソでウォームアップした投げレンジャー、次は“海の忍者”カワハギを狙います。能登港の湾内は水深は20メートル以上ありそうです。この十分な水深が水温を保証してくれるんでしょうね。

サシエサは本虫と青虫を使います。エダス3・5~4号。針は丸セイゴ10号や三越ウナギ12号、2本針。L型遊動テンビン23号、砂ズリはパラゴン18号(約30センチ)。

 

釣り方

一帯の海底は砂泥状で、根掛かりは少ないところです。置き竿と引き釣り両方できます。引き釣りの場合、オモリが海底に着いたら、ゆっくりとリールを巻いて、エサを躍らせます。「コツッ!」と小さなアタリがあったら、道糸を少し送り込むようにして、2度目のアタリを待って、アワセます。カワハギは波止近くにくると、突っ込んだり、左右に「グイ、グイ」と泳いで楽しませてくれます。

IMG_0455

IMG_0466

IMG_0477

この日はカワハギにまじって、ハタやアカアマダイ、ミノカサゴなども釣れました。さすがに日振の海ですね。で、おまけに、といいますか、ついに、といいますかダイナンウミヘビまで釣れました。迫力でしたよ!

IMG_0511

≪渡船≫こんぴら 「はま渡船」 090(1007)7890 宇和島港発着。予約必要

IMG_0530

 

仕掛けとポイント図

カワハギ仕掛け

日振島&横島

能登の波止

当日の模様は、2月14日バレンタインデーにテレビ愛媛の「決定版!チョ~さんの釣り情報」(朝6時30分)で放送予定です。ご覧ください!   釣りのチョ~さん